記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン13使用構築

i_garuura.gifi_gaburiasu_s.gifi_kinogassa.gif
i_kureseria.gifi_hiidoran.gifi_gengaa.gif


ガルクレセドラン(攻め重視)

クレセリアやヒードランといった広範囲の耐性を持つポケモンで受けながら戦えるとこはしっかり回し、きつい相手にはずば抜けた対面性能を持つガルガブガッサで勝ちに行く。



ガルーラ@ナイト 陽気
181(4)-176(244)-121(4)-*-121(4)-167(252)
猫騙し 捨て身タックル 地震 冷凍パンチ
最大の範囲をもつ技構成。地震を不意打ちにする手もあったが非接触で何かと便利な地震を選択。前期は選出誘導としてゲンガーを通しやすくする役割が多かったが、今期は裏との兼ね合いもありほとんどの試合で選出することができた。選出すればするほど運勝ちを拾いやすくなるのが本当に強い。

ガブリアス@スカーフ 意地っ張り
183-200(252)-116(4)-*-105-154(252)
逆鱗 地震 ストーンエッジ 寝言
ガルゲン対面でガルーラを残したいと思ったときに引けるよう寝言を採用。基本はガルガッサで荒らした後の終盤の抜きに使うことが多かったが初手の荒らしとしても優秀だった。

キノガッサ@オボン 意地っ張り
156(164)-187(156)-102(12)-*-84(28)-109(148)
キノコの胞子 タネマシンガン マッハパンチ 剣の舞
・Aなるべく高く
・クレセの冷ビ+176メガガルの猫+不意をオボン込みで超高乱数で耐える
ガルガブガッサ選出をしたときの唯一の崩しの要因でありこの構築の肝。剣の舞を持つことで多くのゴツメ持ちに強くなることができる。今期多かったガルクレセサザンをカモる駒でもある。

クレセリア@ゴツメ 図太い
227(252)-*-187(252)-90-151(4)-105
冷凍ビーム どくどく 電磁波 月の光
スイクンがいなくなったことによりバシャーモを止めることができるのがこいつのみとなってしまった。今期は、ただバシャーモを止めるだけではバトンで逃げられてしまうので、後続を止める意味で電磁波を採用。電磁波があることでつらい部分が大きく緩和される。1ウェポンはガブマンダへの打点を重視し冷凍ビーム。

ヒードラン@食べ残し 穏やか
193(212)-*-127(4)-160(76)-148(68)-116(148)
マグマストーム 鬼火 挑発 守る
・H252メガクチートをマグストで確1
クチート入りや受けまわしのサイクルに出していく駒。前期の流用個体で努力値を変えていないが、ドランで瞑想スイクンを止められる時代でもないので努力値、技構成は要検討。

ゲンガー@ナイト 臆病
135-*-101(4)-222(252)-115-200(252)
催眠術 祟り目 ヘドロ爆弾 道連れ
迷走枠で全然出すことができなかった。道連れで個体数を減らしガッサを通す動きやクレセの状態異常撒きからの祟り目が強いと思い、祟り目+道連れ。そしてこの技構成で最も範囲が広く、きつい相手に対し一気に戦況をひっくり返せる可能性がある催眠術を採用。この枠に詰め込みたい要素が多すぎて破綻している。


最終レート:2211
順位:5位



前期の霊獣ランドロス入りのサイクルを重視したガルクレセドランでは今期多かったバトンバシャやガルクレセサザンに安定して勝つことができなかったのでクレセドラン以外の駒は対面重視にしようと決断。シーズン8で対戦したガルクレセドランを使っていた方がガルガブガッサを選出をしてきて、そのときのパワーがものすごかったのを覚えていたので攻めの駒としてこの3匹を使用することに。今期はガルーラを崩しの要因として使うことにあまり魅力を感じていなかったのでガッサを崩しの要因とした。基本選出であるガルガブガッサでガルーラが技の判定2回、ガブリアスが多くの相手に対し上から叩ける、キノガッサがタネマシンガンの回数や胞子の眠りターン、など多くの運勝ちを呼び込める要素があったのが強かった。一方で攻めに駒を使いすぎてしまい残りの1枠に要求されるものが多かったが最終日に組んだこともあり、しっくりくるものが見つけられなかった。
受けループに対してはガルドランガッサを選出。ガルゲンによる見せあいでバンギ+物理受けを誘導し、残りの1枠に対してガッサかドランのどちらかが通るぐらいに考えていたが、現実は@1のグライオンが燕返しをもっておりガッサドランをまとめて葬られて勝てなかった。


最終日2040くらいから使用し、受けループに負け、ヤミラミ入りを崩せずに負け、クレセの冷ビのPPを甘えてマンダに粘られて負け、ガッサを雑に扱い物理受けを疲弊させられず負け、の4敗で後は運も味方し主にガルガブガッサが機能して2211までレートを伸ばすことができました。多かったガルクレセサザンやバトンバシャに負けなかったのがレートを伸ばせた要因かと思います。何よりの目標であった初の最終1ページをとれてよかったです。
シーズン13お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ュ

Author:ュ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

訪問者カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。